施術後皮膚トラブルが起こったら?

By | 2017年4月27日

医療全身脱毛は、医療レーザーを照射してムダ毛が生えてこないようにします。

エステサロンで使う脱毛器よりも出力が大きいため、良い効果が得られると言われています。

良い効果がありますが、肌トラブルも起こる可能性があります。

起こる可能性があるトラブルと、その対処法についてまとめました。

【施術後に起こるかもしれないトラブル】

医療全身脱毛を受けた後、皮膚トラブルが起こる可能性があることは理解しておきましょう。

起こるかもしれないトラブルで一番多いのが、赤みや腫れです。

ヒリヒリ感が起こることもあります。

赤い斑点ができることもあります。

また、レーザー照射することで肌が乾燥しやすくなります。

その他に毛嚢炎、火傷などがあります。

【トラブルが起こったらどうする?】

もし医療全身脱毛を受けた後、皮膚にトラブルが起こったらどうすれば良いのでしょう。

赤みや腫れ、ヒリヒリ感、赤い斑点は数時間から数日で治まりますからあまり心配することはありません。

肌の乾燥を予防するためには、脱毛後に保湿ケアを行いましょう。

もし毛嚢炎ができたら、施術を受けたクリニックへ行くと薬を処方してもらえます。

【クリニックなら安心】

医療全身脱毛を受けて何らかの皮膚トラブルが起こったとしても、クリニックで施術を受けているのですぐ対処してもらえます。

この点がクリニックで脱毛をするメリットとも言えますね。

サロンでの脱毛でも皮膚トラブルが起こることはあるのですが、病院ではないので薬などが処方できません。

施術中や施術後、何かあってもクリニックならすぐに対応してもらえるので安心ですね。